Blog&column
ブログ・コラム

お風呂のぬめりを防止する方法

query_builder 2021/08/28
コラム
8
今回はお風呂に発生するぬめりの原因や防止する方法、落とし方についてお話しします。

▼ぬめりの原因
お風呂などにぬめりがある場合、主な原因としては雑菌です。
水垢や皮脂に対して繁殖した雑菌となります。
特に排水溝などにぬめりがついてしまうと、取り除きにくく臭いを発生させる可能性もあります。

▼ぬめりを防止
雑菌だらけのぬめりは出来るだけ発生させないようにしたいものです。
防止する方法としては、入浴後に水のシャワーで浴室内を洗い流す習慣を付けるようにしましょう。
雑菌の原因となる皮脂を洗い流し、雑菌の繁殖しにくい室温にします。
さらに換気扇を回して、お風呂場を乾燥させる事でぬめり防止になります。

▼ぬめりの落とし方
ぬめりはこすれば簡単に取れますが、排水溝などについたぬめりは取るのが厄介です。
そんな排水溝についたぬめりを落とすのには、重曹とクエン酸が有効です。
重曹だけでも効果がありますが、クエン酸と併用する事で高い効果が得られます。

重曹に少量のクエン酸を混ぜ、ぬめりのあるところにかけます。
水をかけて泡立ったらしばらく放置しましょう。
その後、ぬるま湯で流しブラシで擦る事で、ぬめりとともに臭いまでしっかりと落としてくれます。
この他にも、成分としては少し強いですが台所用の漂白剤なども有効です。

▼まとめ
お風呂についた嫌なぬめりの原因は雑菌である為、出来るだけ発生させないようにするのが良いでしょう。
ぬめりが発生した場合は臭いの原因にもなりますので、早めに対処して清潔に保つようにしておきましょう。

NEW

  • リフォームもお任せ下さい!

    query_builder 2021/10/19
  • 広島・呉・東広島で草刈り業者をお探しならにじいろ工舎へ

    query_builder 2021/09/25
  • 広島・呉・東広島共有部の清掃もにじいろ工舎にお任せください!

    query_builder 2021/09/20
  • 広島・呉・東広島で住居のことでお悩みはにじいろ工舎へ

    query_builder 2021/09/10

CATEGORY

ARCHIVE