Blog&column
ブログ・コラム

掃除用洗剤の正しい選び方について

query_builder 2022/04/01
コラム
37
掃除を効率よくする上で掃除用洗剤は便利なアイテムです。
しかし一口に掃除といっても色々な種類があるので迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?
今回は掃除用洗剤の正しい選び方を解説します。

▼掃除用洗剤は用途で選ぶ
掃除の用途に合った掃除用洗剤を選ぶことが大事です。
用途別に使用する掃除用洗剤を解説します。

■油汚れの掃除
台所やキッチンの油汚れは粘性が高く、一度こびりつくと頑固で落ちにくい汚れです。
洗っても特有のぬめりを感じる場合があります。

これは油汚れが「酸性」のためです。
油汚れの掃除には「アルカリ性」の成分が含まれる掃除用洗剤を選んで下さい。
とはいえ、畳や木製品に使用する場合、アルカリ性の洗剤では素材を傷めてしまうため「中性洗剤」を使用しましょう。

■水垢や尿の掃除
洗面台やシンクの水垢はミネラルや石鹸カスが原因で、トイレの黄ばみは「尿石」が原因です。
水垢やトイレの掃除には「酸性」の掃除用洗剤が効果的です。
「アルカリ性」の成分が固まった汚れは、「酸性」の成分が中和することで掃除が出来ます。
尿石は高い酸性成分をもつ掃除用洗剤を使いましょう。

■日常生活全般の掃除
リビングや部屋の掃除など日常生活の掃除には「中性」の掃除用洗剤を選んで下さい。
「中性」とあるよう「酸性」と「アルカリ性」の中間に位置する洗剤です。
洗浄力は他に比べ落ちますが、肌や素材への刺激も少ないので安心して使うことが出来ます。
日頃の掃除で活躍する掃除用洗剤です。

■洗濯槽の掃除
洗濯槽には水垢・洗剤の残りカス・カビや雑菌が付着しています。
洗濯槽の掃除には「酸素系漂白剤」または「塩素系漂白剤」を含む掃除用洗剤がおすすめです。
酸素・塩素系漂白剤の特徴は以下の通りです。

・酸素系漂白剤…臭いが少なく手肌に優しい、洗浄力は塩素系に比べて劣る
・塩素系漂白剤…殺菌力・洗浄力が強力、塩素の匂いが気になる、酸素系に比べて取り扱いが難しい

それぞれの特徴を考慮しながら、自身に適したものを選びましょう。

▼まとめ
汚れには種類があり、掃除に使う掃除用洗剤は「汚れに対して有効なものを選ぶ」必要があります。
本格的なクリーニングを希望する場合は、専門の業者で「ハウスクリーニング」を依頼しましょう。

NEW

  • お客様が来ました!

    query_builder 2022/01/17
  • 事務所移転のお知らせ

    query_builder 2022/01/15
  • リフォームもお任せ下さい!

    query_builder 2021/10/19

CATEGORY

ARCHIVE